24歳の日記は青臭く稚拙だけど 尖がってて面白かった

 

 実際の引越しと同じでした

2014年4月3日公開

ワードプレスでのブログ更新を決めいろいろと準備をしてきました「テーマ」の選択には随分と時間がかかってしまいましたが最高にお気に入りです!

 

さて この「過去ログの引っ越し」ですが

長く住んだ分だけ荷物が増えるのは「実生活」と一緒で これまでにplalaの無料HP→自営業時代→忍者ブログ→アメブロと気づけば12年もネットに物を書き散らかしているので、中には業務用シュレッダーにかけてから穴を掘って埋めその上をアスファルトで舗装し、さらにその上に祠(ホコラ)を建立し『近づいたら祟られる』と都市伝説を流布したくなるぐらいの青臭い記事もあれば

 

こんな名作を埋もれたままにしておくなんて実にもったいない

おい!だれか!誰か読んでー!と袖を引っ張りたくなる記事もありました

残念ながら初めて買ったパソコンが壊れた時に失った「人生初のネット日記」は見つかりませんでしたが、書いた本人もまったく覚えていない日記や伝説級にオモロイ日記と思っていた記事が今では落第作だったりと懐かしさにいちいち手が止まりノスタルジーで作業中断(笑)

 

実際の引越しで雑誌や写真などが出てきてそのたびに「うっわー!懐かしい!!」とペラペラめくりだして日が暮れるという最低なパターン、あれと同じことをしてしまいました

 

途中から飲み物を用意して読み始めた自分に気づいたとき「いやいや、これはサボりじゃない、編集作業だ。ピックアップだ」と自分に言い訳をしましたが12年分の日記を振り返るのは面白かった(笑)

それにしても凄いボリュームでした

 

壊れかけのPCをなんとか起動させて中身を出そうとした時、

最初にとった行動は「手を洗い、綺麗にし、両手を合わせて祈った」

次にとった行動は「起動しなかったから頭にきてパソコンを殴った」 -2002/10/14

 

駐車場で空吹かしをしているヤンキー車を注意しに行く羽目になり

怖くてビクビクしていたけど、懐中電灯で照らして近づいたら

向こうから出て行った。それを見ていた部下、スタッフに

「スモールライトで小さくしてやったぜ」と告げると

鬼のようにスベッた。。2002/10/

 

コンサドーレの山瀬が浦和に移籍..この貧乏クラブが!!! 2002/12/29

今これと同じレベルのブログを書けと言われても絶対に作れません。

身体が拒絶してしまいます いつの間にか僕の文章は読みに来てくれたお客さんを喜ばす事に喜びを見出す文章になっていました

 

あの頃は自分が好き勝手に書いてきた事を晒せば勝手にお客さんが喜ぶと思っていました

もう昔のように堂々とブログに[肛門]と書けなくなりました(笑)

 

2002年のスタートから

半年ほど過ぎたあたりからのノリノリ更新は我ながらブラボー(笑)

 

小っ恥ずかしい時期もふんだんです

怖いもの知らずで世間知らずの若造が何を生意気な…と思う時期の日記

 

自分のサイズが分かりだしそれを必死に大きくしようともがいている時期の日記

 

素直になったら負け、二度と作り上げてきた今の自分に戻れないと焦っている時期の日記

 

独立・開業で知った「人のありがたみ」

 

病気でわかった自分の非力さ

 

この12年の間に、まっすぐ伸びたわけじゃなく右に左にウネウネしながらだけど確実に大きく成長したんだなぁ

 

ホロリと涙がこぼれたり、自分の書いた日記なのに腹を抱えて笑ってみたり長いようで短くなかったけど、日記を続けてきてこうやって残しておいて本当に良かった

 

ようやく全ての時期の記事を読み終わります

皆さんにも笑ってもらえる日記

記事をご紹介したいと思います

一生懸命書きました!お役に立ちましたらシェアボタンを押してお友達にもご紹介ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。