2016年紅白歌合戦の採点がCRAZYだったので調べてみた

あの赤玉…1コ何十万点あんのよ..?

「その疑問さ..とっくに色んな所で解決してるけど..」の声が聴こえるので書くか書かないか迷ったが書くことにする 2016年紅白歌合戦の採点 何だあれ…?

今回の紅白ではテレビやワンセグ、アプリで視聴者による投票が可能となっていて紅組が2,527,724票、白組が4,203,679票と圧倒的な大差(1,675,955票差)

 

そして野鳥の会のカウントで会場の客席の投票結果も紅組が870票、白組が1,274票、こちらも同じく大差で白組

 

誰もが「圧倒的な白組の勝ちだったね~」と思っただろう..最後に審査員の投票が始まり運動会の玉入れのようにヒトーツフターツと玉を数えると赤い玉のほうが1つか2つ多かった程度で「百万点も突き放されてて1個2個の玉がどうしたっていうんだワラ」で、軍配は紅組に。。

視聴者投票と会場投票はそれぞれ2票ずつの扱いでしかなく、審査員の11票で勝負が決まってしまったそうだ…

司会の二人も驚いていたがテレビの前の国民だって驚いたよ(笑)

「野鳥の会いらねーじゃん!」とテレビの前で声を荒げましたが、幾日か経ち大変失礼な言動をしてしまったと反省しております

一生懸命書きました!お役に立ちましたらシェアボタンを押してお友達にもご紹介ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です