「1日の努力なんて紙一枚の厚み」かもしれんけど

たとえばね

 

めっちゃ頑張っても

頑張んなくても

 

1日が終わって眠りにつくまえに

「今日やった事」が記載された紙切れが全員1枚もらえるとして、

 

昨日の自分より頑張っても

今日の自分よりも、他人(ひと)が頑張っていたとしても

 

はい、いちにちゴクローサン

って1枚ずつ受け取って

 

それで毎日が過ぎていったとして

 

1年後

 

 

努力した人と

しなかった人

やろうとしたんだけどできなかった、って言って逃げ回っていた人

 

おんなじ365枚

おんなじ重さ

おんなじ積み重ねた時の高さ

 

たしかに同じかもしれないけど

 

もらった紙をよーく見てみ、

一枚一枚の濃さが違うでしょ

 

いきなり「あの●●どこだっけ?」と言われたときに、『あ、いや、、ちょっとわかんないですね』って答えるのと

 

『あぁ、あれはあそこです』

って答えるのと

 

その違いってどこから来てるのか?って

 

毎日受け取る紙1枚の厚みと、

それに書きなぐられたインクの染み

 

痛い思いをした日は濃いインクの染みがつく、

だから

忘れないし、探すときに見つけやすい

 

だからね

 

他人の努力とか

 

活躍とか

 

能力なんて

 

気にしてる暇あったら、

毎日受け取る薄っぺらな紙に

どんだけの事がメモできるか?ってことに全力を注いだほうがいい

 

『自分はバカだから』

 

って、自分をバカにしてもいいけどさ

 

自分をバカのままにして甘やかす自分が1番のバカ

って事を忘れちゃだめだよね

 

1日、ミクロの積み重ねかもしれないけど

10日がんばれば1ミリぐらいになるだろう

100日がんばって

365日がんばったら

そのわずか3センチが

どれだけ分厚いのか気づくだろう

 

頑張っても頑張っても報われない日もあるよ沢山

 

自分より頑張ってないのにうまく立ち回って褒められる奴もいるよ山ほど

 

『努力は自分のためにするもので、

人に評価されるためにするもんじゃない』

 

かならず

かならずいつか、実を結ぶから

 

今やってることがちっぽけに思うとき

今やってることが無意味に思うとき

それをどうやって『意味のある』事にするのか?

 

それが努力だね

 

100頑張れなくても、

5でも10でもいいから頑張ろうね^^

 

一生懸命書きました!お役に立ちましたらシェアボタンを押してお友達にもご紹介ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。