女子ソフトダーツ[PERFECTプロ川島淳]さんがマスクを着けて戦う理由

*この記事は2015年7月19日に書かれています ぼくのミスでブログを丸ごと消去してしまい再アップしています 川島選手がなぜダーツの試合中にマスクを着けているのか、こちらの記事をご覧ください

同じ腎臓病(ネフローゼ)だから痛いほど分かる

このブログ、

というより僕のことを昔から知っている方には

「ネフローゼ」というキーワードは見飽きるほど目にしているかと思いますが

 

3月に開店したCafeBarDOCO

そしてFacebookで新しくつながった皆さんには

ネフローゼという言葉が何なのか分からない方もいるかと思います

 

僕は2009年4月に

「微小変化型ネフローゼ症候群」という腎臓の病気に襲われました

 

超ザックリと説明しますと

 

血液を濾過(ろか)する役目の腎臓がエラーをおこし

本来なら

不要な物をオシッコとして体の外へ排出するはずのものが

必要な物(たんぱく質)もオシッコとして排出され

それが原因で顔や下半身が浮腫む(むくむ)病気です

 

ネフローゼというのは病気の総称です

 

フルーツジュースと称してるみたいなもんです

一口にフルーツといってもバナナだのメロンだの沢山種類がありますよね?

 

ネフローゼという病気については

これからこのブログでもちょくちょく書いていこうと思います

 

この病気を治療するときに

「ある薬」を

常人の数倍、十数倍使用します

 

その薬のおかげで

浮腫みが解消され

退院、社会復帰ができるわけですが

 

その薬には

「副作用」が存在します

 

顔が丸くなる(ムーンフェイス)

毛深くなる

寝れなくなる

凶暴になる

免疫力が落ちる、それにより風邪をひくと肺炎になりやすい

etc…

人それぞれ、どの副作用が出てくるのかが分かりません

 

僕は

骨がもろくなる

顔が丸くなる

寝れなくなる

毛深くなる

などなどの副作用が出ました

 

その中でも

骨がもろくなる、という副作用のおかげで

両足が人工関節になっていったわけなんですが

 

副作用よりも

もっともっと厄介なのが

 

ネフローゼという病気の再発率

 

最初の発病から5年以内の再発率が80%といわれています

 

5年以内に再発しない方が珍しく、

1度でも再発すると

以後再発を何度も繰り返す傾向が非常に高いので

 

ネフローゼになった人は

「なにがなんでも再発させない」ために日常生活にめちゃ神経を使います

 

腎臓に負担をかけないように

息が切れるほどの運動をしない

 

塩分とたんぱく質を取り過ぎないように

食生活を計算する

 

話がちょっと横にそれますが、

僕からカレーとラーメンを奪ったこの糞ったれネフローゼ!!

ぜったい負けねーからな!!

 

ふぅ

すっきり(笑)

 

再発の引き金の1番の起因

 

それは風邪です

 

風邪をひいた事がきっかけで再発する人が大勢います

 

普段から風邪をひかないように

帰ってきたらウガイ、手洗いは当然

 

人ごみの中を歩くときはマスク着用、

これも当たりまえ

 

病院の先生によっては

人ごみの中に「わざわざ行くな!風邪拾ったらどーすんだ!」という人もいます

 

治療に使う薬のせいで

免疫力が落ちている時に

人ごみの中を歩いていたら?

 

自分は大丈夫

たぶん大丈夫

ちょっとぐらいなら大丈夫

すぐだから大丈夫

 

根拠のない大丈夫で行動するほど

ネフローゼは優しくありません

 

たった1度の風邪が

 

人生を大きく大きく左右する確率がめっちゃ高いんです

 

女性プロダーツ選手「川島淳」さんとの出会い

今からちょうど3年前

僕は10年経営していたダーツとビリヤードのお店をやめました

10年間、人に怒られたことがなかったので

僕は社会勉強をするために派遣会社に就職し

朝から夜中までスリミ工場で働きました

 

3年たったらサービス業に戻ろう

 

そう決めて

僕はビリヤードの道具、ダーツケース

本にDVD、ネットや動画すら

一切を断ちました

ビリヤード仲間、ダーツ仲間との連絡さえもブッツリと遮断しました

 

3年後

サービス業に戻った僕は

ダーツ仲間に再会しました

 

ダーツ仲間との会話に浦島太郎状態だった僕は

沢山ダーツの動画を見ました

 

ディークラウン消滅!!!???

ホシノがフェニックスじゃない!!!

この若いのだれ???

この人どしちゃったの!!!

誰一人パワーバランス装備してねーじゃん!!!!!!

ナンバーファイブって何??????

 

時の流れは恐ろしい、、

3年という歳月で世の中はこんなに変わるんだなぁ、、

 

しんみりしながら

お客さんに「おすすめの動画ないっすか?」と聞いてみると

 

「この女子プロ、釧路に来たことあるよ?」

 

「一時グイっと来てたんだけど、姿消しちゃって

最近復活したみたいなんだけど」

 

「たしか、相内さんと同じネフローゼで入院してたんじゃなかった?」

 

『あぁ、じゅんちゃんね』

 

釧路に来たことがある

同じ病気と闘っている

なによりも

僕のFacebookに何度もイイネ!を押してくれてる(笑)

 

ソフトダーツのプロ選手

川島淳さんのブログを読み漁り

入院から社会復帰

さまざまなアクシデントに明るく突っ込んでいる姿

 

いてもたってもいられなくなり

Facebookの友達申請ボタンを押し(笑)

 

僕も同じ病気です

川島プロを応援します!とメッセージを送ると

 

この病気のことを一人でも多くの人に知ってもらえるように

がんばります!と返事をいただきました

 

そんな川島プロが

先日行われたダーツの試合

[PERFECT岐阜大会]で

見事3位入賞を果たしました

 

僕はネフローゼと闘っている人のことを

勝手にネフローザーと呼んでいるんですが

 

ネフローザー淳選手

おめでとう、というより

ありがとうございます!!

 

そんな川島淳プロが活動しているブログ

JUN 8ブログ

彼女が更新した記事がこちら

 

『マスクの理由★』http://ameblo.jp/jun8-darts/entry-12046926033.html

 

僕も退院したころはマスクを着けて店に立っていました

見栄えが悪いと思い、マスクを外したら

副作用で顔がまん丸なのを

『入院中は随分おいしいもの食べたみたいだねw』

とお客さんに言われた時は心がへし折れそうでした

 

マスクをつけてビリヤードの試合に出たこともありますが

息苦しいし、ずれるし、良いことありません

緊張してビビった顔を隠す効果はありますが・・(笑)

 

世の中には

ネフローゼという病気を知らない人がまだまだ沢山います

そして

ダーツにプロがあることを知らない人も沢山います

ビリヤードの世界チャンピオンになった日本人がいることを知らない人もいっぱいいるでしょう

 

10年飯を食わせてもらった恩があります

微々たる恩返しですが

今後、こうしてダーツやビリヤード、ネフローゼの事などなどを

ブログで紹介していこうと思います

 

夜中に突然

あなたの事をブログに書きたい!とお願いしたら

喜んで!と快諾してくれた

川島淳さん

ネフローザー淳さんに厚くお礼申しあげます

 

くれぐれも風邪にはお気をつけて

益々の活躍を釧路から応援しています!

 

—-追記——

深夜1時過ぎにこの記事を書き終えたんですが、

なんと川島プロからメッセージをいただきました!

 

 

あのね、

これでもね、、僕ね、

釧路で10数年ダーツとビリヤードで飯食ってきたのね、、

 

 

恥ずぅぅぅ!!!!

 

ブログのタイトルは即効直したけどFacebook側の方は直らなんだ(泣)

 

み、みんな、、シ、、シエアしてね、、、!、、、


*ここまでが最初の記事です

加筆修正をしてフェニックスプロという誤爆をパーフェクトプロと直すか直すまいか相当悩みました(笑)

この後、川島プロは

見事第5戦神戸大会で優勝!JETさんにこのブログ記事を紹介していただいたところ、1万人以上の方に読んでもらう事ができました

そんな大事な大事なブログを間違って消した僕をマジで叱ってくれる方、年齢問いませんので叱ってください..

そしてそして、

重々厚かましいのは承知していますが、この記事を沢山の方に見ていただきたいんです 同じ病気で苦しんでいる人や落ち込んでいる人が山ほどいます 『ネフローゼになったらダーツで身を立てろ』と言いたいんじゃないんです、ただ、こうして病気と闘っているのに、この人は絶対に病気のせいで負けたとは言わないんです

だから彼女の周りにたくさんの方が集まるんだと思います

そんな彼女の『マスクの理由』をなにもしらない人に伝えたい

試合会場で彼女にかける言葉が「病気なんですってね、頑張ってください!」じゃなくて「言い訳をしないあなたに勇気もらってます!応援してます!」に変わってほしい

 

こうして愚直に戦っている女戦士がいることを

ダーツを愛している全ての人に

しってほしい

 

シェアする

一生懸命書きました!お役に立ちましたらシェアボタンを押してお友達にもご紹介ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。