開幕戦で障害が発生したDAZNの試合をJリーグが無料配信して苦情が続出..

ガンバ大阪とヴァンフォーレ甲府の試合を公式映像としてYouTubeでフル配信

Jリーグのオフィシャルサイト

2月26日に行われた試合がDAZNに問題が発生したために配信出来なかった事をJリーグが謝罪し、ガンバと甲府の試合をJリーグ公式YouTubeチャンネルで公式映像としてフル配信したことで、有料でDAZNを見ている人がいるのに只でフル配信ってふざけてるのか!と物議をかもしています

JリーグがDAZNに気を使ったのか、DAZNの配信に問題が起きた場合はこうやって対応していこうと打ち合わせをしていたのかは分かりませんが、

お金を払わないとJリーグの試合が見れなくなった今年、それも一発目の開幕戦で生配信できなかったDAZNが1番悪い

https://www.youtube.com/watch?v=qcv17VfGDhA&feature=youtu.be

優勝争いや残留争いといった大事な試合でこんなことになったら「もう呆れたわDAZN、、」「スカパーの頃はよかったな」「いっそ全試合YouTubeでやってくれ」という声もあがるでしょう

 

だなんて思っていたら

後に愛媛vs金沢の試合もフル配信

これに対してはぼくも思った

「これはユーザーを馬鹿にしてるでしょ..」課金してDAZNで試合を見ていない人からすると、実際の映像を確認出来て有益だったかもしれません、ラッキーと思う人もいるでしょう

 

DAZNユーザーが「金を払っていない人に無料で見せたことに腹を立てている」と思っている人がいますが、そうじゃなくて「ちゃんと課金している人に対してケアしてくれるだろうね?」なんだと思います

 

今までストレスなくJリーグを見れていたユーザー、スカパーをぶったぎってまでDAZNと契約したんだから、ちゃんとやれよ!Jリーグ!

と檄を飛ばしたくなった

https://www.youtube.com/watch?v=3aTgGrX5mPQ&feature=youtu.be

目先の金でDAZNに飛びついたのなら、日本人はJリーグを捨てる そうならない為にもがんばれDAZN!!!

一生懸命書きました!お役に立ちましたらシェアボタンを押してお友達にもご紹介ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。