脱サラを意識した人が会社にいるうちに確認しておきたい15のこと

自分は店を出して稼ぐことが出来るのか?

脱サラの方法が分からない

方向性も分からない

知識もない

経験もない

人脈もない

理由と目標も曖昧

という人は1000%脱サラに失敗しますし、なめてます(笑) 

 

漠然と「脱サラしてなにか商売してみたい」と思っているうちは絶対に脱サラは無理です。きっと今の職場で働くのにウンザリしているだけです

 

自分で独立して稼いで生きたいと思った方は、まず自分が脱サラしても100%成功できると自信が持てるまではサラリーマンを辞めてはいけません

 

どんなに嫌気がさしていても、会社にいさえすれば給料がもらえているうちは経済的危機には陥りません もうこんな生き方うんざりだ!と自営業の世界に飛び込みたく気持ちは分かりますが、怒りに身を任せて行動しても死ぬのは自分ひとりです

100%の自信があなたの背中をプッシュしてくれますし、倒れかけた時に支えてくれます 勢いだけで出店という馬鹿なことをして失敗に終わった時に他人や世の中を恨まぬよう、会社に守られているうちに冷静に確認しておきたいチェックポイントをザッと書いてみました


01:やろうとしているビジネスが決まっているか?

02:そのビジネスに従事した経験があるか?

03:売りたい物が決まっているか?

04:誰に売るかが決まっているか?

05:売りたい物が年間にどれだけ売れるかザクッと予想出来るか?

06:開業資金がいくら必要か?

07:SNSが使えるか?

08:無償で助けてくれる人脈があるか?

09:取り引きしてくれる業者があるか?

10:自分一人でできるか?

11:暇な時期に何をするか考えてあるか?

12:稼ぎ時に更に稼ぐアイデアがあるか?

13:サラリーマン時代の三倍稼げるか?

14:自分に自信があるか?

15:仕事の自分と、素の自分を分けれるか?


自分でも脱サラしてやっていけるのか?

今のうちに何をすればいいんだろう?

という人は

まずお金の心配をせずに自分がどんな事をしてお金を稼ぎたいのかを思いつく限りメモにとってみてください なるべくなら具体的に書き出してください

 

  • 古い民家を安く借りて自分で改装して古民家カフェを開きたい
  • 陶芸教室の講師を招くイベントを定期的に開催しお客さんに自分のマグカップを作ってもらう
  • 出来の良い作品は販売する
  • 自分好みのコーヒーやお茶のブレンドをキープするサービスで他店と差別化、コンセプトは「自分で作れるカフェ」
  • 評判の良いブレンドも販売する
  • Tシャツ教室を開く
  • ネットショップを立ちあげてTシャツの販売
  • レンタルボックスを設置し1か月500円で貸し出す
  • たこ焼き食べ放題(セルフ)で具材を提供する
  • ダーツマシンを設置する
  • SNSをつかって拡散
  • 暇なときはブログを更新

これはぼくが自分のお店を出したいと思ったときに書いたメモの内容です

 

こうする事で何が必要で、いくらで販売すれば良いのか? 誰に向けて販売するのか? 売れる季節と売れない季節、時間帯、曜日、営業時間などが浮かんできます

 

借金さえ出来れば脱サラして店を構える事は直ぐに出来ますが、店をOPENさせることはスタートであってゴールではありません 「お金がもらえたサラリーマン時代の方がお金の心配がなくて幸せだった..」となる前に具体的に考えて行動していきましょう

一生懸命書きました!お役に立ちましたらシェアボタンを押してお友達にもご紹介ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。